もしも蜂の巣退治の際に刺されたら!知っておくと役立つ情報

蜂に刺されると毒の影響を必ず受ける 蜂に刺されると毒の影響を必ず受ける

蜂の巣退治を成功させるポイント~正しい知識を身につける~

蜂の巣退治を確実に行うためには、まずは蜂に関しての正しい知識を持つことが大切です。世間で噂されていることの中には、間違った内容が混ざっている場合もあります。蜂に関しての誤解を解いて、安全に駆除したいものです。

蜂に関して多くの人が誤解していること

よく刺されたらおしっこかけると毒が中和されるって聞ききますが、本当なのでしょうか?
酸性の毒素であればアンモニアである程度中和されることはありますが、蜂の毒液はそのほとんどがたんぱく質であるため、アンモニアで分解されるということはありません。したがって、患部におしっこをかけることは無意味だと言えます。蜂に刺されたときの強烈な痛みには、冷やして抗ヒスタミン系のステロイド軟膏を塗る方法がおすすめです。刺されてしまったときは、患部をつまんで毒液を絞り出すようにしましょう。
私は以前、蜂に刺されたことがあるのですが、2回以上刺されると死んでしまうって本当ですか?
蜂毒の毒素は強いものですが、大人の体に対して毒液の量はごくわずかで、直接的に蜂毒で死ぬということはあまりありません。ですが、蜂毒アレルギーの人は、1度目に刺されたときの抗体が2度目に刺されたときに過剰反応を起こしてしまうことがあります。アナフィラキシーショックと呼ばれる症状で、急激な血圧低下や呼吸困難などが起こり、最悪の場合は死に至ることもあります。
蜂ってどんな種類も刺してくるのでしょうか?
蜂の針は元々は産卵管です。ハバチやクキバチなどのように、腰の部分にくびれがない寸胴の形をした蜂は、針を刺すことはありません。反対にミツバチ、スズメバチ、アシナガバチといった、腰の部分がくびれているような形をしている蜂は、攻撃用の針として使用しているので刺すことがあります。民家に巣を作る蜂の多くは毒をもっているので、蜂の巣退治は専門業者へ依頼することをおすすめします。

刺す蜂の巣退治は専門の業者に任せよう

蜂の巣退治は、蜂の大群に襲われてしまう危険性があります。蜂の巣は見つかりにくい場所に作られるので、見つける頃にはとても大きな巣になっている場合がほとんどです。刺す蜂の巣は特に危険が伴うので、蜂の巣退治は専門業者へ任せると安心です。

TOPボタン